おもてなし、日本人、DNA、和、文化、和のチカラ、食、身体、もてなし、四季、二十四節気、七十二候、食材、料理、体軸、インナーマッスル、深層筋、和のフィットネス、肩こり、腰痛、旬、呼吸法、日本舞踊、能、狂言、歌舞伎、

和のチカラは日本人に内在する意識のDNAを掘り起こす情報を提供します。

20140322rikyufuki

配信コンテンツ 2014年春分3月21日~4月4日

太陽が真東から昇り、真西に沈む日。
昼の長さと夜の長さが同じ日。
二十四節気の大きな節目。

七十二候 春分

初候  雀始巣(すずめはじめてすくう)
雀が枯れ草や毛を集め巣をつくる頃


次候  櫻始開(さくらはじめてひらく)
初めて桜が咲く頃


末候  雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
春の訪れをつ告げる雷が鳴り始める頃


      

利休忌(りきゅうき)

千利休が生涯を閉じた日(新暦三月二十八日)。
秀吉より死を賜り自刃(じじん)した。
毎月に二十八日には大徳寺聚光院にて三千家交代で供茶釜をかける。
三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)


画像の説明
裏千家HPより    長谷川等伯筆乾英和尚賛の利休像

利休好み(りきゅうごのみ)

利休好みの道具は素朴さの中に新しい美を見立てる美意識。
日本や朝鮮の日常雑器が茶道具として用いられた。


画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

蕗(ふき)

食用としてはあいちの伝統野菜の早生ふきが主流。
独特の風味と苦味が美味。

私(名倉)がプロデュースした「和菜や goen」http://www.goen-n.com/ 
ではあいちの伝統野菜を提供しています。
料理監修 碧南・小判天・四代目当主 長田勇久氏


画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明
蕗と蕗の葉の白和え(goen) 

桜餅

小麦粉の皮で餡をくるんだ関東風と道明寺粉の皮の関西風。
塩漬けした桜の葉で包みます。
春を代表する和菓子です。


画像の説明画像の説明

独活(うど)

自生の山独活は旬。
芽の天婦羅は格別である。
産毛がびっしりとついているものが良い。


画像の説明画像の説明

真鯛(まだい)

縄文時代からの遺跡から鯛の骨が出てきたり、
平安時代の延喜式にも朝廷への貢物として登場する。


画像の説明画像の説明
魯山人が愛した鯛のウロコの唐揚げ



powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional